×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

-低速 領域-



Top / PROFILE / DIARY / BBS / GAME / Photo / Review / MOKEI / NOVEL // LINK..



review

スターオーシャン・ブルースフィア



ハード:ゲームボーイ
発売日:2001年6月28日発売
メーカー:エニックス(現・スクウェアエニックス)
       5段階評価
ストーリー ★★★☆
世界観 ★★★★☆
キャラクター ★★★★
システム ★★★★★
戦闘 ★★★★☆
音楽 ★★★★
総評 ★★★★


ストーリー:★★★☆

異色の星が舞台なだけに、ファンタジ−・SFが奇妙に混ざった興味深いストーリー。
古代の超高度文明の謎が物語の主軸となっていて、それに関する遺跡や建物での冒険が多い感じです。
後半は軌道エレベーターや、廃れた宇宙ステーションが舞台となりかなりSF色が強いです。



世界観:★★★★☆

機械と自然が混在する奇妙な惑星が舞台。
遺跡の所々に興味深い場所があったりと(例えば、マイル遺跡に書いてあった「マイル・デパート」の表記等)意外と見所は多い。
崩壊した超高度文明の遺産が良い味を出しており、この惑星の舞台をより退廃的にさせている。



キャラクター:★★★★

魅力的なSO2のキャラクターが最初から勢ぞろいなので、ファンには嬉しいです
ただ今回は、各キャラクターの個性が前作よりあっさりとしていていた感じがあります(今回はシステム問題で、キャラクターに関するストーリーが作りづらかったのでしょうが)
ですが、一部のサブキャラが中々魅力的なので、そこは好印象でした。


システム:★★★★★

GBとしては素晴らしいと思う。
ミニゲーム化したアイテムクリエイション、フィールドアクションを始めとするアクション要素が混ざったフィールド、小粒ながら纏められているPA・・内容はやり過ぎの一言。
特に今回のクリエイションはお遊び的な要素が強く、GBというハードのはぴったりでとてもいいと思う



戦闘:★★★★☆

GBながらも、横スクロールのアクションバトル。テイルズの戦闘に近い感じがあります。
GBとしては非常に楽しめる戦闘。コンボも難しいながらも、続くと爽快です。
技の出し方もそれ程難しくは無い感じで、操作性もそこそこ。ただ、後半になってくるとちょっと飽きてくるかも。
難易度は意外と高く、隠しダンジョンの敵はある技が無いとかなり辛いです。


音楽:★★★★

GBのサウンドとしては、中々のレベル。
通常戦闘の音楽は個人的に好き。タイトル画面の「STAR OCEAN FOREVER 」は個人的に名曲だと思います。
場面場面に合っている曲が多いと思いました。


総評:★★★★

GBのゲームとしては、高レベルだと思います。
特にシステムの面は面白く、かなりやり込めます。ただ、ちょっと癖があり、人を選ぶゲームかもしれません。
目立ったバグも無いので、割と安心して楽しめます。
たまに投売りされている事がありますが、もっと評価されても良い、ゲームだと思いました。